第29回 ETAPユーザ会を開催します。
今年は、各ETAPユーザ様からetap-PS(etap 電力系統解析ソフトウエア)etap-RT(etap リアルタイムシステム)、eTrax(etap 鉄道輸送システム) の事例報告からetap18の最新技術について解説までこれまでにない幅広い内容となっております。
「電力とインテリジェンスの融合 ! 新しいetap18」についてより深く知る絶好の機会です。どうぞ皆様お誘いあわせの上、是非参加ください!

 
 
 
本セミナーは、ETAPに興味をお持ちの方、電力系統解析の興味をお持ちの方でしたら、どなたでも参加できます。 下記の「参加申し込みフォーム」からお申し込みください。
 
 
 

開催概要

タイトル
第29回 ETAPユーザ会
日時
2018年11月27日 (火) 10:00 – 18:00 (9:45受付開始)
会場
航空会館(新橋)701会議室
(東京都港区新橋 1-18-1)
http://kokukaikan.com/about/access
  • JR新橋駅 日比谷口 徒歩5分
  • 地下鉄 東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅 ⑦出口 徒歩5分
  • 地下鉄 都営三田線 内幸町駅 A2出口 徒歩30秒
定員
50名  (お申込順)
参加費
無料
主催
株式会社エルテクス設計
 

第29回 ユーザー会
11月27日(火)10:00~18:00 (18:00~懇親会)

10:00

10:15

Opening   (株)エルテクス設計   片山 恵太
10:15

11:15
特別講演

<ETAP Userの視点に立って
「計算センターでの解析」から「誰もが自席のPCで」への時代転換>

ETAP ユーザ会 会長 (電気学会名誉員、CIGRE顕彰会員)
長谷 良秀 氏
11:15

12:15
ユーザ講演-1
<小田急電鉄殿の系統モデルと実測データの比較>
旭化成エンジニアリング株式会社   西 隆男 氏


<講演の概要>
鉄道輸送システム電力解析ソフトウエア eTraXによる小田急電鉄殿の解析モデルの構築と解析結果及び解析活用事例について解説する。
1. モデル概要紹介 :
    路線長:約130km 駅数:77 変配電所数:30 ダイヤ数:平日2035、
    土日休日1984 列車編成種類:11
2. 本モデルの検証内容: ・整流器電流の比較  ・積算電力の比較
    ・速度の比較
3. モデルの活用事例
    (1) 1か所の変電所停電による影響
    (2) 二重化された整流器の故障による影響
4. 今後有効活用するための展望
12:15

13:15

(昼食)
13:15

14:15
技術講演
<etap 18.1 新しい機能と今後の展開>
株式会社 エルテクス設計   片山 恵太


<講演の概要>
9月にリリースしたETAP18.1のコンセプト「電力とインテリジェンスの融合」に基づき、電力系統解析にのみならず監視、予測、制御の領域をカバーする新しいETAPについて解説する。 新機能のAC-DC統合ロードフロー、時系列ロードフロー、StarZ送配電ネットワーク保護協調等新しい解析モジュールの紹介と共に、ETAPの今後の展開について解説する。
14:15

15:15
技術講演-2
<原子力分野における電力系統解析の課題とETAPの適用>
日立GEニュークリア・エナジー株式会社   細川 雄治 氏


<講演の概要>
原子力発電所における所内電気システムで話題となっている事象とそれに係る電力殿、メーカでの検討内容について解説する。
(1) 米国Byronプラントで発生した開閉所架空送電線の一相断線故障と一相断線が所内回路、特に電動機に及ぼす影響と実施した検討の流れ、及びETAPを使用した不平衡故障解析の評価例
(2) 直流電源設備の短絡故障時における短絡電流の評価に関する調査とETAPにて直流電源設備の構成機器である蓄電池の解析を使用する上での留意点について今回はこの事象を検討するに至った背景や課題への取り組み方を主に解説する。
15:15

15:30

(休憩)
15:30

16:30
ユーザ講演-3
<新日鐵住金大分製鐵所における電気設備監視・保守管理システム、ETAP への期待>
新日鐵住金株式会社   新宮 政人 氏


<講演の概要>
現在、新日鉄住金(株)では、社を挙げて受配電設備の老朽更新に取り組んでいる。設備の単純更新を行うのではなく、次世代に繋がる業務基盤の構築を行うためにICTやIoTの視点を盛り込み、 省力化や製鉄所横断の保守管理システムの構築が必要である。今回、ETAP-RTを導入し、エンジニアリングツールとしてのETAPと保守管理システムとをリンクさせた新たな操業マネージメントシステムを構築する計画である。 本講演では、大分製鉄所で構築する保守管理システムの概要説明と共に、操業側ユーザーとしてETAPへの期待、今後の開発への提言も踏まえ講演する。
16:30

17:30
技術講演
<受変電設備増設改造の際のIEC規格による短絡電流計算の留意点と解析評価>
株式会社 エルテクス設計   亀田 和之


<講演の概要>
短絡電流計算を行うにあたり、下記のような知識が必要です。
1. 適用規格について理解する。
2. 電気機器および遮断器等の性能、能力、定格について理解する。
3. 電気設備の特長、ETAPの機能を理解して、有効な系統の
    モデリングを行う。
4. ETAPの計算結果と保護装置の能力を基に正しい評価を行う。
5. 正しい評価に基づき、有効な (実施可能な) 対策を検討し立案する。
これらの点について、Industrial System Model を用いて、実際の解析例を基に検討してみます。
17:30

18:00

Ending   (株)エルテクス設計   片山 恵太
 
 
 
本セミナーは、ETAPに興味をお持ちの方、電力系統解析の興味をお持ちの方でしたら、どなたでも参加できます。 下記の「参加申し込みフォーム」からお申し込みください。
 
 
 
♦お問い合わせ先:  株式会社エルテクス設計      運営担当:  片山  恵太
Email:  etap2@eltechs.co.jp     Phone:  047-490-1010
 
 

主催

 


 
 
 
   お問い合わせ先:
    株式会社エルテクス設計
    運営担当: 片山 恵太
    Email: etap2@eltechs.co.jp
    Phone: 047-490-1010
 
 
 
 
© 2015 Eltechs & Consulting Co., Ltd. All rights reserved